ERA検査

  1. ホーム
  2. 診療科目
  3. ERA検査

ERA検査

ERA検査とは

良好胚を複数回(3回以上)移植しても、着床しない反復着床不全の方に対する検査です。
着床に最適なタイミングを子宮内膜を採取し遺伝子レベルで調べる検査になります。

ERA検査について

1. ERA検査の目的

原因不明の反復性着床障害(良質な受精卵を複数回移植しても妊娠に至らない場合)の原因として子宮内膜の【着床の窓】が一致していないという報告が2014年にスペインのIVI Valenciaという施設から発信されました。【着床の窓】つまり子宮内膜に受精卵が着床できる時間や時期は個人差があり、適切な時期に移植することにより妊娠が可能になるのではないかというものです。当院ではERA検査をすることにより各患者様における【着床の窓】の結果から移植の時期を判断し、妊娠・出産をしていただくため実施しております。

2. ERA検査の背景

これまでは【着床の窓】を知る手段として子宮内膜日付診(組織学的基準に基づく方法)というものが一般的でした。しかしこの検査では正確に判断し移植時期を決定できるものではありませんでした。ERA検査は患者様の子宮内膜組織より抽出したRNA産物をNGS(次世代シーケンサー)を用い、236個の発現遺伝子を解析することにより【着床の窓】を明らかにすることが可能になりました。ERA検査を受けられた方の30%近くが【着床の窓】の時期がずれていたという結果が分かってきております。

3. ERA検査の方法

例といたしまして、ホルモン補充周期の場合は黄体ホルモン(P)投与開始日を0日とし、5日目(P+5)に子宮内膜を採取します。自然周期の場合は排卵日から5日目(LHサージまたはhCG投与から7日目ーLH+7、hCG+7)に子宮内膜を採取します。この検査周期では移植は行いません。なお、こちらはあくまでも推奨例であり、患者様と当院医師による最適な周期において子宮内膜採取を行っております。また子宮内膜を採取するため出血、痛み等を伴う場合もございます。事前に医師、看護師より十分な説明を受けてからの検査をお勧めいたします。

【着床の窓】とは・・・胚が子宮内膜に着床する最適な期間をさします。

ERA検査

4. ERA検査の費用

当院にて治療を受けられている方の費用は13万円(税別)になりますが、当院以外で治療を行っている方も検査を行っておりますので、詳しくはお電話にてお問い合わせください。

診療科目